トップページ > いんちきPA > 初めてのイベントPA(仕込み1)

初歩的な仕込み1〜入力編〜

ここでは、ある程度オーディオに通じている人なら誰にでもできそうな、現場での音の出し方を考えてみましょう。地元の夏祭りとかカラオケ大会とかで、個人がボランティア的に行う程度のレベルです。
必要な機材はこのページで確認したので、今度は仕込み方です。


とりあえずこのようなシステムを組んでみましょう。

  • マイクは1本
  • CDプレーヤは1台
  • 全体をステレオで構成
  • ハウリング抑制用にGEQも仕込む

マイクをミキサーにつなぐ

ここで迷う人もいないかもしれないけど、一応絵を描いてみました。


ミキサーには、小規模イベントにちょうどよさげな YAMAHA MG124CX を参考例として使ってみます。

[PR] YAMAHA MGP12X
YAMAHA MG124CR 2012/3/8 追記:MG124CX はサウンドハウスで廃盤になってたので、類似規模機種として YAMAHA MG124CR をここにご紹介しておきます

入力端子っぽいのが縦に3つありますね。上から、

  • マイクレベルの機器をつなぐXLR(キャノン)ジャック
  • ラインレベル機器をつなぐホーンジャック
  • エフェクタ等をインサート接続するホーンジャック

です。この機種を含め小規模ミキサーでは、XLRにはマイクレベル機器、ホーンにはラインレベル機器というルールがあります。ホーン端子にはPAD(減器機)が入っているので、マイクをホーン端子につないでもごく小さな音しか出ないのです。
また、XLR端子はよほど変なマイクやケーブルを使わない限りバランス伝送で接続できるので、ケーブルが長くなりがちなマイク類はやはりXLR端子に接続するのが良いのです。
バランス伝送については別の機会に譲りますが、『業務機は原則として必ずバランス伝送。だからXLRケーブルを使うんだ。』と覚えてください。ノイズ耐性に優れた伝送方式なんです。

CDプレーヤをミキサーにつなぐ


マイクをつなぐとき、ライン機器はホーン端子にって言ったよね。そういうわけでホーン端子につなげばOKです。
ほとんどのプレーヤはRCAピンジャックがついているはずですから、ピンプラグとホーンプラグのついたケーブルが必要です。[PR] フォンデュアルケーブルのリンク先にたくさんありますよ。
家電店に行けば変換プラグもありますね。ちょっと高くつくようですが。

CDプレーヤなどをつなぐときは、Lを若番、Rを老い番にして、卓の上でも一目で左右が分かるようにしておきます。ちなみに上の図ではLを2ch、Rを3chとしましたが、私はなんとなくLを奇数番、Rを偶数番に入れる事が多いです。まあ自分で間違えなきゃなんでもいいんですが。


これで、入力周りの準備は終わりました。次は出力編。

[PR] YAMAHA MG124CX-R
YAMAHA MG124CX-RYAMAHA MG124CX-R。
MG124CR にはないエフェクターを内蔵しています。内蔵デジタルエフェクトは16プログラム。



トップページ > いんちきPA > 初めてのイベントPA(仕込み1)

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー