トップページ > いんちきPA > 初めてのイベントPA(必要な機材)

必要な機材はどんなの?

ここでは、ある程度オーディオに通じている人なら誰にでもできそうな、現場での音の出し方を考えてみましょう。地元の夏祭りとかカラオケ大会とかで、個人がボランティア的に行う程度のレベルです。
というわけでこのページでは、どんな機材が必要なのかを見てみます。

  • 当然だが、司会者とスピーチ用のマイクが必要
  • とりあえず、エコーとかリバーブはない状態で我慢する
  • どうしてもエコーが必要なら、家庭用のカラオケ機材で工夫する
    (このページでは触れません)
  • 余興やBGMで、CD・MD・テープは使う

という現場を想定してみます。

必要な機材

[PR] ALLEN & HEATH ZED-14
アレン・アンド・ヒース ZED-14
ミキサー
8チャンネル程度の入力に、ステレオ出力1系統がついていればOKとします。
実際には、モニタやエフェクタに使うAUXセンド等がついていますが、とりあえずここでの説明ははしょりますね。
[PR] Electro Voice SX300
Electro Voice SX300
スピーカ
必要なパワーは場所や収容人員によります。
200w x2程度で、とりあえずその辺にあるものを使ってみましょう。それでパワー不足だったら、次回への反省事項ということで。
トランペットスピーカなら、10W~30W程度で結構なんとかなります。あの堅い音でよければ・・・
インピーダンスは後で心配します(※)。
[PR] YAMAHA P2500S
YAMAHA P2500S
パワーアンプ
スピーカに見合う出力のものを。実際の運用で、スピーカの耐入力以上の出力が出なければOKです。
というより、スピーカ耐入力の倍の出力を持つパワーアンプが推奨されます。これは、不意に出てしまった高出力が、ぎりぎりのアンプだと歪みを生じてツイータを破損しやすい、という事情によります。
インピーダンスは後で心配します(※)。
[PR] SHURE SM58
SHURE SM58
マイクロフォン
喋るのに必要です。
家電量販店で安く販売されているのは、変なクセがあったりハウリングを起こしやすかったりしますが、それが気にならない限りは何を使ってもOKです。
司会者+スピーチ+予備で3本と考えましょう。3本あれば、カラオケのデュエットに司会者も絡むことができます。
[PR] ケーブル各種
ケーブル各種
[PR] 接点復活材 HOSA G5S6
 HOSA G5S6
ケーブルいろいろ
マイクケーブルとスピーカケーブルは長いのが必要です。
あと意外に、現場でのコンセント不足に悩まされることがあります。ありったけのテーブルタップを持っていきましょう。
マイクについてはおそらく 『マイク延長コード』 も併用することになりますが、事前に接触不良がないか確認し、プラグ・ジャックは接点復活剤(なければ緊急的にCRCのような潤滑剤も可)で丁寧にメンテナンスしておいてください。
一般向けのホーンプラグ・ジャックは接触不良を起こしやすく、これは音が出ない・出てもノイズ混じり、というトラブルの原因です。
[PR] デッキ各種
デッキ各種
BGMとか、余興の音源として必要ですね。必要なものを必要なだけ準備しましょう。
ただし、カラオケがしたいからと言って家庭用の通信カラオケ装置を持ってきても使えません。あれは、リクエストごとに機械が電話をかけてデータをダウンロードするので。
業務用の通信カラオケ装置は、非営業時間帯に最新曲をまとめてダウンロードするので、回線がつながっていなくても使えます。ただし、イニシャルコスト100万オーダーです。

(※)パワーアンプとスピーカのインピーダンス

すべての入出力にインピーダンスという数値がつきまといますが、ここではスピーカとパワーアンプを心配してみましょう。4Ω(よんおーむ)とか16Ωとかいうアレです。
基本的には、スピーカとパワーアンプのインピーダンスは一致させるべきです。ここで、8Ω〜16Ωという定格のアンプを考えてみます。

スピーカのインピーダンスを低く(8Ω)すれば、オームの法則から分かるように高出力が得られます。なので、音圧を稼ぐためにスピーカを2本パラレル(並列)にすることもあります。ただし、合成インピーダンスがアンプの定格インピーダンスを割り込まないようにしましょう。

スピーカのインピーダンスを高く(16Ω)にすれば、出力は低くなります。しかし今度はダンピングファクターが向上して、低域の追従性が向上するんだとかほにゃららら。私もよくわからん。
意図的にスピーカをシリーズ(直列)にしてインピーダンスを上げる方向に仕込むことは、少なくとも私はほとんどありません。


電源の確保

屋外でも恵まれた現場なら、仮設電源が引かれていることでしょう。
もしそうでなければ、ポータブル発電機を買うか借りてくるかしましょう。容量が足りるかどうかは機材の規模によりますので、いろいろ計算してみてください。
いずれにしても、屋外現場だとかき氷だとかの負荷も想定して、綿密に計画しましょうね。

屋内だとそこらにコンセントがありますから、あんまり困ることはないでしょう。
コンセントの位置を選べるのなら、テスターで電圧を測ってできるだけ電圧の高いところを選んでください。高負荷がかかった時の機材の安定性に寄与します。その前に、その回路の許容電流(ブレーカの動作電流)にも注意を払ってください。


これで必要な機材は分かったつもりになって、次は仕込み(入力編)。



トップページ > いんちきPA > 初めてのイベントPA(必要な機材)

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー